2005年12月07日
だいぶ、間が空きましたがvol.7の続きです。
今日のテーマは『シソーラス検索』!!

SEO対策におけるキーワードの策定は基本中の基本。
これなしじゃ、始まりません。

しかし、キーワード策定はクリエイティブな感性が重要。
私のクリエイティブな才能は・・・どうだろう・・92秒考えた結果
自分の脳みそにこのジャンルは期待できない。
この事実とても、残念です。

その際に使うのが『シソーラス検索』です。
簡単に言うと、これかなーと思うキーワードを決めて
『同義語』『広義語』『狭義語』『関連語』を洗い出す事です。

下記URLより私が愛用させていただいているツール紹介しますね。
http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/

たとえば『マーケティング』を入力すると
同義語 
調査・市場、マーケットリサーチ、マーケティングサーベイな5つなど

広義語 
経済行為 1語

狭義語
宣伝広告・販売促進・エリアマーケティング・サイコロジカルマーケティング
テストマーケティング・マーケットアナリシス などなど14語

関連語 
キャンペーン・パブリシティ・宣伝・ニッチ戦略・マーケットセグメンテーション
マーケティングコストなどなど 13語

という具合に出てきます。
かなりの便利ツールです。

私は以下のフローで『キーワード策定』の作業しています。

1.『ブレインストーミング』で大枠のキーワードを洗い出す
2.1.キーワードを『シソーラス検索』で膨らませる
3.自社の商品を検索する際、使用しそうな組み合わせる
※組み合わせが肝です。実はYahooGoogleで調べ物をするユーザーの
なんと70%が2つ以上の単語を組み合わせ検索しています。
4.KEIと需要をポイントにひたすら削除!!

そして、『購買モチベーションの高い顧客』のみに表示される
すばらしいキーワードを探し求めます。
posted by ソフトブレーン・サービス 神谷 at 09:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | SEO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10319337

将を射んとすれば・・・
Excerpt: 孫氏曰く、敵人をして自ら至らしむる者はこれを利すればなり。 敵人をして至るを得ざらしむる者はこれを害すればなり。 攻めて欲しいところには利益を見せびらかし、 攻めて欲しくないところには損害を..
Weblog: セールスプロモーターgachapin
Tracked: 2005-12-08 14:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。